マリンライブの良いビデオ撮る時の心得!

トレーナーのサインでイルカやクジラがどんな動きするのか分かっているのが大前提で書きます。


1:構成を覚える。足突きやジェットスイムのルートももちろん頭に入れておく。

2:常に2つ、3つぐらい先の演目のことまで考えてカメラを回す。

3:水中の影を追える。

4:カメラの画面だけに注視しすぎない。


これ出来たら、ビジョンの映像入れるとか、寄り気味で撮るか引き気味で撮るかとか、カメラワークは個人の好み。


5:取捨選択をしっかりする。

6:頭の中で実際のライブをイメージする。

7:イメージ通り撮れるようにカメラを操る。ズームレバーの微妙な力加減が難しいんですよね。

8:経験に基づく瞬時の判断。これは普段から昼のライブ見てないと無理。

9:同じ種目でも個体によって微妙に動きが違うので個体の個性把握。

10:演出の意図とかを汲み取る。

11:改善点無いか映像見直す。研究と試行錯誤の繰り返し。


ナイト限定:急にカメラを振らない。ピント持っていかれやすくなります。


個人的好み1:カメラの振りのスピードや寄る・引くスピードはBGMの曲調も考えて調整する
こんな感じ


個人的好み2:トレーナーがサイン出してからイルカやクジラが水面から出てくるのに合わせて引く
こんな感じ


個人的好み3:イルカやクジラ、トレーナーがジャンプして着水するタイミングに合わせて寄る
こんな感じ






ということで、ものすごい一方的に個人的なノウハウを伝えたので、ナイトマリンライブに続き、マリンライブのビデオのアップも遠くないうちにひっそりと引退しようかな。と思っているところです。

こんな感じでストイックに撮影される方が現れるのを期待しつつ。。。


一番大事なこと:心を込めて撮る!!

[PR]
by aws0607 | 2017-09-10 07:00 | ビッグオーシャン | Comments(0)